<PR>




妊娠中 流産

7w5d~流産確定までの流れ【稽留流産】

5w5dで、胎嚢の大きさ6.6mm。

6w5dで、胎嚢の大きさ17.6mm。胎芽見えず。

7w5d本日です。

 

看護師による問診

問診票の前回までのエコーをみるなり「あー。。。」と。

見る人が見れば、エコーでわかっちゃうのかな?と思いました。

しかし、胎芽が見えることもあるからか、看護師さんはなんとも言わず。

「とりあえず先生に診てもらいましょうね」と。

 

ドキドキの7w5dの内診

正常な時以外の内診台って、本当に乗りたくないし、エコーも見たくない。

ショックを受けるだけなのはわかってるし。

でも、かすかな希望を持って内診台へ。

 

7w5dのエコー

稽留流産 7w5d 胎嚢からっぽ

胎嚢は26.0mmまで成長していました。

しかし、やっぱり、胎芽は見えず。

今回は流産の判定もあるからか、先生も念入りに診てくれました。

そして、私に説明しながらもう一度。

「ここが胎嚢のはじまり。ここから大きくなって、向こう側に行くまで、よーく探したけど赤ちゃんは見えないね。

この時期だと、何か見えてるはずなんだけど、ね。

とりあえず、お話しましょうね」

そういって内診が終わる。

医師の診断【稽留流産】

内診を終えて医師の話を聞く。

「もう8週近いけど、嚢の中になにも見えないとすると、今回は残念という結果になります。

もちろん、まだ諦められなくて待っても良いのだけど、恐らく結果は変わらないと思います。

出てくるのを待っても良いのだけど、いつになるかわからないし、ならば早めに手術するのをオススメしますがどうしますか?」

こんなような事を言われたと思う。

 

前回の胎嚢がからっぽな時点で、色んな人の情報と自分を照らし合わせて、というか、最初の頃からなんとなく「今回は無理だ」と、心のどこかで思っていた不思議。

GWを目前に控え、こんな気持ちで連休を過ごすのがいやだった。

と、先生が

「明日、予定入れれる?」

と、看護師に聞いている。

連休前にリセットできるのであれば、私もその方が良いと思っていたので、先生に「明日空いています」と言う。

と、すぐさま時間が動きだした。

あぁ、もう明日に向かって進んでいる。明日にはお腹の中の嚢は手術で居なくなり、次へのスタートへ進めるんだ。

 

次に進める事だけが今は救いでした。

と言うわけで、明日、手術となりました。

 

 

 

 

 

<PR>




-妊娠中, 流産

Copyright© 赤ちゃんが欲しい! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

Secured By miniOrange