<PR>




流産

稽留流産から手術決定までの流れ

胎嚢が小さいことを気にしつつ、奇跡を願った数週間。

妊娠週数は、ついに7週に入ろうとしていました。

運命の診断

6w5dに産婦人科へ。

信じる気持ち半分、覚悟が半分。

問診では、看護師さんは過去のエコー写真を見るなり「あー。。」と。

既に結果が見えてるようでした。

エコー

パット見て、やっぱり赤ちゃんは居ないことが私立にもわかりました。

真っ暗な胎嚢。からっぽの胎嚢。

泣かないつもりが、やっぱり泣いてしまうものでした。

この日は先生も、丁寧に、エコーで嚢の中を調べてくれました。

二回ゆっくり調べて、三回目は私に説明しながら。

「ここが嚢の始まり。ここから始まって、ここが一番大きな部分。で、ここが嚢の最後なんだけど、赤ちゃんはいませんね。おはなししましょうね。」

 

医師と手術決定まで

からっぽのエコー写真が机に置かれていた。

医師が説明する。副院長だった。

「通常だと、妊娠7週には赤ちゃんが確認されるはずなんです。

例え赤ちゃんが見えないにしても、卵黄嚢という、卵の黄身みたいなものが写るはずです。

そでも、それが見えないと言うことは、これ以上赤ちゃんは育たないという診断になります。

そうなれば、自然に嚢が出てくるのを待つか、手術で子宮内をキレイにするかになります。

もちろん、あなたがもう少し待ちたい、諦めきれないのなら、もう少し待っても構いませんが、恐らく、結果は同じだと思いますが、どうしますか?」

 

覚悟はしていた。

言われることもわかっていたけど、もう少し待っても良いと、医師が患者の気持ちを尊重してくれるのは驚いた。

 

以前、9週で、一度確認できてた心拍が見えなくなっていて、流産の診断がおりた時は、待ちたかった。

誤診だと信じたかった。

 

でも、今回は、何度も確認の上の診断。

人によってはもう少し待ったら心拍が確認できた例もあったけど、私は自分の勘と、医師の見解を信じて、手術することにした。

早く手術して、次に備えたかったから。

 

手術日程決定まで

「手術、お願いします。」

そう言うと、医師もなんだか安心したようだった。

というのも、2日後からはゴールデンウィークだったので、私としても、連休前に気持ちを切り替えたかった。

医師がスケジュールを確認する。

「明日空いてる?」と看護師に聞いている。

ゴールデンウィーク明けの手術とばかり思ってたけど、ゴールデンウィーク前に手術ならば、特に予定もなかったので、私にも好都合だった。

私も思わず「明日、一日空いてます!」と言い、明日に手術することになった。

 

手術の準備(検査

手術が決まると、手術の為の検査があるとかで、採血があった。

試験管で2本分だけだったので、すぐに済んだ。

 

お会計をして終了。

 

4500円だった。

 

 

 

 

<PR>




-流産

Copyright© 赤ちゃんが欲しい! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

Secured By miniOrange